成功へのステップ


成功へのステップサクセスストーリー節税プラン当税理士事務所ができることご契約までの流れお引き受けできないケース

サクセスストーリー

ある方が会社を設立して社長になったとします。

会社を設立するということは、
社長さんは夢と希望に満ちあふれ、今後の事業展開に意欲満々ということと思います。
また、たいていの方は事業を成功させて、
会社を大きくすることをのぞんでいらっしゃることと思います。

しかし、よほどお金持ちの方でもない限り、
良い意味でも悪い意味でも、いずれは資金的に苦しくなるのが一般的です。

設立して間もない会社は、世間での信用が高くないため、
取引をしても現金取引であったり、
また、金融機関などもなかなかお金を貸してくれないと思います。


この時期(いわゆるアーリーステージ)が、社長さんにとって一番きつい時期と思います。

よく、10年もつ会社は1割程度といわれますが、
ほとんどの会社がこのアーリーステージを乗り越えられない結果を表していると思います。
しかし、ここを乗り切らないと、明るい未来はやってきません。


私見ですが、小売業を除く中小企業のビジネスは、
「お金を頂くお客様は、大手企業とし、
お金を支払う取引先は、中小企業とする」
方が、軌道に乗りやすいと思います。

大手企業と取引をした場合、利益率は悪くなる傾向にありますが、
その分は「世間への信用代」と考えてみてはいかがでしょうか?

ビジネスモデルが逆になっているケース (お金を頂くお客様を中小企業とし、お金を支払う取引先が大企業)では、
一度、ビジネスモデルを再考することも大変意味があるのではないかと思います。

なんとか、このアーリーステージを乗り越えられた場合、今度は、規模が大きくなり、
また、お金で悩むことになります。


このころになると、取引先、金融機関などからの信用も徐々についてくるころと思います。
この段階で、ひとつのお金の悩みを解決する方法として、「当座の開設」が考えられます。
お金の悩みを解決する手段として、支払を手形で行うことが考えられるからです。
金融機関は、信用が低い段階では、当座の開設を認めません。
したがって、
金融機関が当座の開設を認めた段階で、「一皮むけた」と考えてよいと思います。
その後、会社が順調に成長した場合は、
次なる目標としては「会社の利益を年間4000万円にする」ことを考えてみてはいかがでしょうか?

以前、会社の利益が4000万円以上の会社さんは、
税務署に法人名、代表者名、課税所得等がはりだされていました。
対外的には、十分「立派な会社」といっていいと思います。

この情報は、取引先、金融機関がよくチェックしていたと言われております。
このあたりまで成長してくると、金融機関の態度が変わり、
「お金を借りてくれ」という話が、向こうから舞い込んでくる
可能性が高いと思います。

その後、さらに会社が順調に成長した場合は、世間から「儲け話(いわゆるいい話)」
が舞い込んでくることもあり、営業的には、かなり楽になってくる時期と思います。
ただし、逆に利用される可能性もありますので、注意は必要です。

その後、さらに会社が順調に成長した場合は、
監査法人や証券会社が「株式を上場しませんか?」とアプローチしてくることもあります。
また、金融機関もいままでは、支店とのおつきあいがメインであったのが、
特殊な資金調達等々で「本店・本部」とのおつきあいがでてくることもありえます。


もうここまでくると、誰がどう見ても、
「社長さんは成功した」 と思われています。
ながながと書いてしまいましたが、
「お金の面から見た、ひとつの成功モデル」と考えて頂ければよろしいかと思います。
私どもは、こうした社長さんの成功モデルを、
いかなる段階でもサポートできれば、こんなにうれしいことはございません。
事業意欲満々な経営者の方、一緒にお仕事ができることを楽しみにしております。

お気軽にお問合わせください!!

気になる報酬は?
無料でお見積りいたします
お見積りフォームはこちら 会社のお悩み・経営の不安 ⇒ご相談ください!
【TEL】03-5456-5140 受付:月〜金曜日 9:00〜17:00
メールフォームはこちら(24時間受付)