成功へのステップ


渋谷区・石村公認会計士事務所成功へのステップ節税プラン ≫ 節税プラン3 今期の納税を先送りする方法1

節税プラン3 今期の納税を先送りする方法1

今期の納税を先送りする方法(お金が必要)

例えば、家賃を例にしたいと思います。

通常、家賃は翌月分を当月中に支払う契約が一般的です。
この場合でも、1ヶ月分を前払していることになります。

そこで、1ヶ月分だけでなく、1年分支払うとどうなるのでしょうか?

なんと、一定の条件を満たせば、支払った1年分の家賃を当期の経費にできます。
うまくやれば、当期に2年分の家賃を経費にすることも可能です。
こうした取扱は税務上は「短期前払費用」といいます。


前払費用とは、
一定の契約に従い継続して役務の提供を受ける場合、いまだ提供されていない役務に対し支払われた対価をいいます。

税務上の「短期前払費用」の取り扱いは、
このような前払費用で、支払った日から1年以内に役務提供を受けるものについては、
支払った年度ですべて経費処理することを認めるものです。


適用要件は、以下の通りです。

  1. 前払費用であること。
  2. 年払いする合理的な理由(例えば、安くなる)があること。
  3. 月払契約の場合は、年払契約へ変更すること。
  4. 当期中に支払い済みであること。
  5. 継続適用すること。しかし、大家さんが拒んだ場合は、できませんので時間をかけて交渉する必要があります。その他、リース料、保険料なども適用できる場合があります。


こんな節税あります!


お金が必要 お金は要らない
税額を減少させたい 節税プラン1 節税プラン2
今期の納税を先送りしたい 節税プラン3 節税プラン4

お気軽にお問合わせください!!

気になる報酬は?
無料でお見積りいたします
お見積りフォームはこちら 会社のお悩み・経営の不安 ⇒ご相談ください!
【TEL】03-5456-5140 受付:月〜金曜日 9:00〜17:00
メールフォームはこちら(24時間受付)